2017年3月4日土曜日

「ナントナク・シルバー」

戦前の日本人の平均寿命をいつの間にやら越えてしまっている。なんだか迂闊。うかうかしているとシルバーエイジも見えてくる。
一度きりの人生。時間を浪費した、取り返しがつかないってな気分になりがち。ベースのじゅんです。貧乏性は治らない。

まあ、大丈夫。どうしようもないことは「あきらめられる」のが人間の偉大な力の一つなのだ。
というのはMさんの話の受け売りで、あきらめに至るまでの苦悩は並大抵ではなかったろうし、ここに引用するのは憚られるけど。

これは、残されたもの、能力や時間を大切に使うことにつながるのだ。
とすると、やはりこのままズルズル行くのはまずいよなあ。どうも自己評価が芳しくない。春が近づいてきて気が滅入っているのか。

とりあえず、灯りをつけましょう、ボンボリに。なんとなく幸せ、な感じがするじゃないですか。
では、先月を振り返りつつそこいらに転がっている幸福感の素を今後のために拾っておくとしようかな

//カブ//
朝ごはんを食べながら、晩ごはんは何にしようかと、そんなことしか考えない一日もたまにはいいもの。
大根のファンだけど、カブも好き。根も葉も刻んで塩を混ぜてお手軽な漬物に。お酢を入れたり、少しヨーグルトを入れてみたり。意外と奥様やお嬢様にも好評。コスパよし、これ重要。
//ギュー//
正月は帰省しなかったので、節分が明けてからボンを連れてフラリと両親の顔を見に行き、スキヤキを御馳走になる。妹たちの一家も来てくれた。姪っ子たちがチョコをくれて、ウチではなかなかお目にかかれない上質の牛肉を味わって、ボンは満足したか。「ところで、じゅんは何歳になったのか」と繰り返し聞かれるのも御愛嬌。

//コーコー//
この歳になって、親にもらってばかりもいかがなものか。孝行せねばとは思うのだが。
そういえば、昨年末に久々に福岡に行ったときに天神の「親不孝通り」の表記が変わっていて驚いた。が、約20年ぶりに復活のニュース! 「親富孝」じゃ意味がよく分からないもんな。

//サンポ//
翌朝、父の散歩コースに付き合う。住宅地をゆっくり抜けて山道へ。去年の夏以来で2回目、また同じ話をしながら歩くのもよし。ここいらの土地は、僕自身は小学校の終わり頃に半年程度しか住んでいないので、馴染みが薄いのだよ。

//ベイビー//
空港が見える。遠くに大阪のビル群と、その左手は生駒山か。眺めもなかなかである。(ということは山の向こうがケヤキ嬢の家、ベイビーちゃんもじきにお姉ちゃんだなあ)
女の子ももちろん可愛いが、男の子はアホさが可愛いというのは父親目線なのかな、時々聞く。特別やんちゃなタイプではなくても、ウチも何度か病院に飛び込んだな。落下、激突、巻き込まれ。放浪。やっぱアホですわ。(社長・キャプテンはこれから要注意)
//カンポー//
そのときにお世話になった先生に、なんとなく自分もずっと診てもらっている。先月に処方してもらった漢方薬は割と体に合うかも。耳鳴りは相変わらずでも、少し気分が上向いて春も乗り切れるか。謹んで昨年のパイレーツのCDを進呈。

//ケイコ//
現時点ではパイレーツはあまり動きようがないけれども、ヨッシー、キングと何かできないかと数曲持ち込んで3人で6時間ほどお試し。何かモノになるとよいな。やはりバンドの稽古は好きで、翌日の気の晴れ具合に驚く。パラララッとハナウタが出てくる。次はベスの未着手の曲をこねて遊びたいところ。

ポイントは、身体を動かすこと、いっしょに食べたり遊んだりすること、愛だね。って、向きあうべき問題を曖昧にしてる気もするが。 

ハイヨー・シルバー! まだまだこれからじゃよ。

//シルバー//
シルベスター。やっぱいみたネコたん。
シルビア姐さんも5,6年前に亡くなったな。
プレミアリーグのこの人は上手いなあ。

うむ。シルバー・ウィークやゴールデン・ウィークは好きだし、ブルー・マンデーな気分はよく分かるけど、月末の金曜がプレミアム・フライデー(プレ金)って理解できないっす。

ところで、子どものときに作品に触れているからか、佐藤さとる氏やムッシュの訃報は響きます。
ま、どうにかなるさ。・・手を焼きながらも生きているのだ。

2017年1月28日土曜日

「ナキ」

既に1月もすっかり終盤で、正月気分は完全消滅。頭が重いぜ、耳鳴りがうるさいぜ、などと泣きが入る。歯を食いしばると脳内の虫の鳴き声がヴォリュームアップ。やはり脱力が肝心ですか。ベースのじゅんです。

モヤモヤを晴らせたらよいな、美しいものをみて泣けたらよいな、などと思うこともある。
・・笑い飛ばす方が断然いいですかね。
それではポンッと正月に気分を戻して、年明けの「初泣き」をテーマに。

新年の2日だったか、晩御飯の買い物の帰り。川が流れていく南西の夕暮れ空に、細い月と、その先っちょに金星が並んで光っていて、その美しさが中々に衝撃的。しかし、泣くには至らず。
感動は誰かと共有したいもの。ボンの反応がいまいちなのは、早くブリシャブが食いたいのだな。

3日の朝、奥様に録画した映画を見せてもらう。マーティン・スコセッシ監督で「ヒューゴの不思議な発明」。

あらすじ。(飛ばしていただいてもよいです)
火事で亡くなった時計屋の父が博物館の屋根裏で見つけて修理しようとしていた機械仕掛けの人形。孤児を捕まえようとする公安官をかわしつつ駅の時計塔で暮らしながら修理を進めるヒューゴと、かつて多くの映画を作り賞賛を得ながら第1次大戦の後は世間から忘れ去られ自らも過去を封印するジョルジュ(・メリエス)の話。
玩具屋の店主が部品を盗んだヒューゴを捕まえ、父のノートに顔色を変えて取り上げてしまう。取り返そうとするヒューゴは、仲良くなった養女のイザベルが持っていたキーで動き出した人形の描き上げた絵から、人形や父の好きだった映画を作り出した人物が店主のジョルジュであることを知る・・・

人形の動きや映画の中の映画の描写が美しい。少年の夢と老人の人生が重なりあってきて。これでホロリと泣けた。
と思ったら奥様はケロリで、まんまと術中にはまったようで悔しい。

モノの作りに興味を惹かれるのは男の子らしい性質だと思う。分解。修理。パイレーツでは、キングや社長の得意分野。僕はモノの手入れを怠りすぎ。
で、せめてベースの弦を(1台分だけ)張り替えることにする。

何年ぶりだろう。映画の効果か、新年だからか。ベースマガジンをちらっと立ち読みしたら、千ヶ崎さんがフラット弦の弾き比べをしている記事があった。利酒のようだな。これも影響したか。弦の種類を試す余裕はないですが。

ペグ付近の1弦の傷の縊れが、ここで切れたらいやだなと長らく気にはなっていたので。弦を外して、目立つ汚れを拭いてみる。フレットの潰れ、指板の凹み。あまり気にならないけど、気にした方がよいだろうか。

替えの弦には、使いさしで割と状態のよいものを発見して得したと喜び、新年早々に貧乏性が露呈する・・・いかん。

パイレーツ・カヌーの新年会の話にしよう。
8日(日)はエリザベスのソロライブ(w/西村哲也さん)がありました。
by 鈴鳴男さん

ヨッシーの発案でその日に「CAFE すずなり」に一同集まり、昼過ぎから2時間ほど軽くやりました。店主マリさんとワンダーにもご挨拶。ラムとイモの湯割りで暖まりリラックス。

会の半ばで、ベスから重大発表があり、サラ主将が瞬間的に感極まり号泣。それをすかさず写真に収めて大笑いするケヤキ嬢はさすがである。女子トリオそれぞれに記念すべき年になりそう。

全員の変顔でお祝いの記念撮影。ケヤキ嬢の岩石のような顔にその場の全員が平伏。魚を頭に被ったブライアン。愉快じゃ。人類は面類。酉年は酒年。
(2010年秋にサラのソロアルバムのお披露目と併せた小ツアーで西村さんも一緒に撮った皆の変顔も思い出す。)

この日に見た大泣きを「初泣き」としておく。感情が豊かでよろしい。パイレーツ・カヌーの「最小2人」ベス&サラならではの思いもあるか。

昨年末のツアーレポートで、信州大鹿村のサラ欠場で「皆勤賞が誰もいなくなりました」と書きましたが、ここで少し補足。
当然、パイレーツ・カヌーと名乗るライブには最小単位が揃うもの。しかし、一方のベスも「ひょっこりパーティー」が始まって1年後くらいのときやむを得ない理由で1回欠場して、サラ祭りと称して「ひょこパ」をやったことがありました。
なんてことも思い出す。

初稽古は10日にベス&ザ・パイカス(男トリオ)で。新曲のリズムアレンジがおよそ固まる。ベスがエレキを試したり。去年一度手を付けた曲を確認したり。

すぐに続きが始まる気分で別れて、ただいま時間が経過中。

先の話ですが、今年の年末でオンザコーナーレコーズの設立5周年だし、何か面白いことができたらよいですな。

///初演奏///
京都に雪が積もった15日、 ダイ&ザ・パイカスでハチタイにお邪魔してきました。猛者多数。

昼飯(酒)のついでに用足しもしたのに、会場に帰ってきたらセーイチさんとヤーソさんの演奏が始まっててチビりそうになる。
そのセーイチ先輩のパンの内側を至近距離で眺めて幸せね。
by ルンバ姉さん

2017年1月3日火曜日

「アケマシテ・ネンマツ・レポート」

あけましておめでとうございます。じゅんです。

年末は30日の晩まで家を空けていたので、31日~元日としばらくは在宅。

31日の朝早く起きて、大晦日と元旦のご飯を準備。例年のメニューに加えて、晦日にはサラ主将に分けてもらったクワイを素揚げに。ホクっとホロ苦く美味かった。

元日の朝は、福岡でガーデナーズにいただいた「独楽蔵」(純米吟醸)で乾杯。

初歩きはやはり一人で。のどかな天気である。弁天様から大黒様へとテクテク行くのも恒例に。
願いごとを絞り切れず手を合わせる時間が長すぎ。今年は優柔不断な性格が治ったらよいな。皆さまのご多幸をお祈り申し上げる。

夢見はかなり悪かったですが、2日の朝は、子どもが寝てる間に奥様が録画した映画を二人で見ているといった状況で、平穏そのもの。なにとぞ・・。


さて、話を年末に戻して、パイレーツ・カヌーのツアー・レポートその3です。
実はこれ、ツアー中あまり役に立たない僕に与えられた任務でもある。ちゃんとやらなくちゃね。その割には全く自分では写真を撮らなかったけど、そこは皆さまの力を拝借。
12月29日の拾得「ひょこパ」と30日カフェ・ジンタのディーディーズ&スーマーのことを報告して、完結とさせていただきます。

12/29(木) @拾得
パイレーツ・カヌーのツアーファイナルは、我らがホーム、京都拾得で「ひょっこりパーティー第42弾」。
大入りの満員でした。お馴染みの顔もたくさん。遠方からも。本当にありがとうございます。
僕とは初顔合わせとなるブライアンをベスから紹介してもらえたのも嬉しかったな。アメリカ西海岸から。ファミリーが増えた感じ。

ドレスコードはニット帽。僕もヨッシーに借りて着用、2ステ目には脱いじゃいましたが。

キャッシー(ケヤキ)作のインスト"フェイク"をはじめフィドルが不可欠な"マッティー・マロイ"や"スパイダー・タトゥー(バンドバージョン)"、女子トリオ、ベスのソロやナカイバンドなども織り込みつつ、ゆっくり2ステージやらせていただきました。楽しさピーク。
by tokumototoさん
ついつい飲むよね。酔客を僕が送るという事態も発生。
帰路は荷物を抱えて岩城くんとタクシーで。帰りが遅くなって、いつぞやのキングの予言どおり奥様・お嬢様の冷ややかな反応が・・。ベロベロというほどではなかったのだが・・。

12/30(金) The Deedees@カフェジンタ
朝から精を出す。スーマーさんの曲も4~5曲、できるだけ頭に入れなきゃ。
新しいアルバム「泥水は揺れる」からもヨッシーが選曲。とんでゆけ。キングも自宅で苦戦したよう。現場ではヨッシーのコーラスワークを含めた対応力に脱帽。
http://suemarr.com/disco.html
ジンタには、拾得と連ちゃんで来てくれた方、意外な方、年の瀬に名古屋や大阪からも。ありがたいですね。アットホームな雰囲気。

先発はThe Deedees。初披露の新曲(お父さんの曲だね)から始まり10曲ほど。
そしてスーマーのグっと沁みる歌。終盤に男トリオも混ぜてもらって、最後はハント父娘も。
by Cafe Jinta さん

スーマーさんから拝借
やはり楽しく帰宅が遅くなり・・(以下前夜と同趣旨)・・。 

以上です。


///謹賀新年///
それでは、皆々さま。
本年もパイレーツ・カヌーとオンザコーナーレコーズをよろしくお願いいたします。

後光が大社長の背後に。七福神? 福よ来い来い!

by カナコさん



2016年12月28日水曜日

「ネンマツ・プレゼント・レポート」

今年のライブも、パイレーツフルメンバーによる29(木)ひょっこりパーティー@拾得、そしてハント父娘(パイカス参戦)の30(金)The Deedees@カフェジンタを残すのみ。ツアーファイナル。地元京都でもうひとふんばり。

ベースのじゅんです。さて、ここで今月のツアーについて、前回のレポートの続きをチャチャっと記しておきましょう。

16(金)名古屋 @Hunny-Bunny
ライブ前に英語でインタビューがありました。名前以外は「ベースです」「京都です」しか言えず、あとはベスに助けてもらう。日本語でも口数は似たようなもんか。
by ゆうくん
中華屋のモツが美味でした。ステージ前にマイヤーズのお湯割りを作ってもらってリラックス。


土産のことをブログに書いているからか、こんな焼印入りのブツを「奥様に」といただきました。ありがたいです。


17(土)大阪 @Martha
社長さんと、昔やってたバンドのメンバーがつながっていたりして、隣のおでん屋で僕にしては珍しく長めの会話が成立。
岩キングが井上君とやってるPeg&Awlを初めて見ました。よいな。今度CD買おっと。(プレゼントしてくれないよね)
by Ryoheiさん
18(日)京都 @HiFi Cafe
良い音楽とコーヒーの香りが静かに沁み込む空間。ストーブが嬉しい。ここでの生音のプレイは大好き。
電気ブランをもらっちゃいました。度数は40%なり。早速、演奏中にいただく。好調なり。サンタクロースのお面ももらったけど・・。
フィドルのケヤキちゃんが参戦。で、大社長は告別式へ。合掌。
by 吉川さん


21(水)姫路 @ハルモニア
父方の祖父母の墓が姫路にあるのですが、さすがに墓参りに行く時間はなかった。あまり関係ないと思うけど、この日はお寺の方々が多かったようです。
絵とソファー。ここも素敵な空間。PAの方の働く姿勢が好印象。
by 蘭太郎さん
岡山から持ってきてくれたのか、キリン一番搾りの飲み比べセットをいただきました。工場別の味の違いは? 
福岡の宿で、仙台、横浜、北海道、名古屋、福岡あたりをグイっとやりましたよ。ごちそうさまでした。

さて、23~25は福岡3連チャン。
ウチでは22の晩がクリスマスだと言い聞かせつつ、家でごはん。子らにはプレゼントの前渡し。父を夫を許したまえ。

フェリーの先発隊に追いつくべく、翌朝に出立。福岡に演奏しに行くのは僕は20年ぶりくらいでワクワク。みんな親切だった。当時の地図でも役に立つだろうとカバンに。スマホは持ってないから。ハイボール片手に。新幹線でゴー。

23(金)志免 @Barber Shop MIZUNO
博多駅の東側、空港の向こうが志免町(しめまち)。かつての炭鉱の中心。で竪坑櫓がシンボルになっている。MIZUNOさん(店主)と桐生さん(僕らを志免や篠栗に呼んでくれた方)が写ってる写真がとてもよい。上田ペンギンさんがパイレーツもたくさん撮ってくださった。
by 上田さん
こんなふうにミュージシャンを呼んで演奏という形は、ほかの散髪屋さんでも一緒にやっているそう。いいな。サロンだな。地元のつながりや力を感じる。

福岡滞在中の宿は、博多駅から徒歩20分くらいの古いアパートの5階の1DK。いわゆる「民泊」を僕は初体験。息を潜めつつも繁華街にほど近くなかなか便利。我々は雑魚寝も苦にはなりませんが、妊婦にはよくなかろうと2日目からサラと大ちゃんは別の宿へ。

1か所に滞在すると時間に余裕ができる。昼飯に天ぷら屋の行列にパイカス3人で並んでみる。1時間半。安くて美味い!しかし普段ならあり得ず。

24(土)福岡(大名) @Tribe
天神の少し西、繁華街のおしゃれなお店。タンデイさんはアフリカ系かな。ヨッシーのセットに興味津々。分かります。

この日は、6月に福山で一緒になったガーデナーズが呼んでくれました。かっこよかったな。イブなのに子連れのお客さんもいて盛況。嬉しい。
by まっどしんさん
ライブ前に食べたうどんもライブ後に食べた水炊きも美味でした。
ガーデナーズから各メンバーにクリスマスプレゼントが! 僕は日本酒をいただき、これは正月用にしようかな。居酒屋の焼酎もビンごと残りを持ち帰る。

徒歩で帰れるのはよいね。大ちゃんとベスに帰り道のウエストでもう一杯付き合ってもらうも、記憶が怪しい。モツ鍋にこだわっていたようであります。

25(日)篠栗 @喫茶陶花
個性的な店構え。噂のカレー。味わえましたよ。大きな窓から山の向こうに夜景も見える。健吾さん(よい声の店主)によると福岡は粉ものが美味らしい。お好み焼きかあ。次回は是非。

3年生と幼稚園(年長)の姉弟が来店、クリスマスプレゼントは編物セットと野球盤だったそう。3つ違いはウチと同じ。つい構いたくなる。サンタのお面を持ってきたらよかったなあ。

ユリカモメ(Gull Flying North)で小さい頃の子供らを思い出し、演奏中に不覚にも少々ホームシックに。"Three for the girl who is waiting for me"って。飲んべな父を待っててくれたらいいけど。

26(月)さよなら福岡
翌朝は、皆より一足先に始発の新幹線で失礼。朝9時には京都駅着。ウチに荷物と土産を置きに帰る。が、グースカ嬢とボン・ピースカには会えず、一人寂しく出勤、家を出る。

あとで聞くと、プレゼントや土産はいつのまにか枕元にあるのがよいのだそう。なるほど。

ま、プレゼントそのものよりも大事なものがあるのは分かる。もらい方もそうか。ワクワク感の演出も。
楽しい時間や場所を共有できるとか、そこに自分がリラックスしていられるとかもそうだな。

そういう意味で、今回、各地でお世話になった方々、足を運んでくれた方々に大いに感謝せねば。
もちろん、身内にも最大限に感謝していますよ。


///九州場所の土産///
奥様から指令のあった「なんばん往来」と「筑紫もち」

「なんで頼んだものしか買って来ないの!」 「・・・へっ?」

2016年12月16日金曜日

「ネンマツ・ベイビー・レポート」

あっという間に年末で、ますます1年たつのが早くなった。残り時間も考えないと?
じゅんです。やや自覚が足りないとはいえ、心身のガタつきは感じます。

うむ、今年も巨匠たちが世を去るといった話題が多かったような。ディランのノーベル賞も時代を感じさせるできごとの一つか。
しかし、ストーンズのミックやロニーに赤ちゃん誕生のニュースは何なのだ。

負けじとパイレーツ・カヌーもベビーブームの到来である。来春には無事にニュー・ボーン・ベイビー2人の顔が見られるよう初詣でしっかり祈らねば。頼むで弁天様、明るい未来を!

こんな箸置きほしいね。
今年の締めくくりは、パイレーツ・カヌーの"WHAT ARE WE FIGHTING FOR?" リリースツアーであります。

では、ツアー序盤戦のダイジェストを。

初日(2日)は広島、半年ぶり2回目も、やはりヲルガン座での演奏前に広島FMの「皆実町マルシェ」にラジオ出演。パーソナリティの俊山さんと記念撮影。

夜のライブは満員、大窪さんをはじめ広島FMの方たちも来てくれて嬉しい。ベスは何やらしっとりした佇まいでしたな。

打ち上げは、岩キングの「ウ〇コ」話が放送禁止かどうかの話題。困ったもんですが、サラ主将によると、パイレーツでは、実は自宅待機のケヤキ嬢がこのような話が好きらしい?
果たして、その頃ケヤキカナコは・・
https://twitter.com/Naako57/status/805987168967540736

翌日はいきなりオフ日。朝の散歩、二度寝、地下室で稽古、バイキング(もちろん飲み放題)、大鹿村の編成で稽古(僕は一足先に就寝)。休日を心底堪能しました、いつもながらキャプテンの父上・母上に感謝。婿を迎えてもうすぐ初孫。いいですなあ。
それにしてもミックは・・
http://www.excite.co.jp/News/world_ent/20161212/Dramanavi_033078.html

4日は尾道で浄泉寺。大きな屋根の下、恐れ多くも阿弥陀様を背負っての演奏。御住職のシンショーさん、ケンダマ・マスターのモリマコさんたちにお世話になりました。
で、ラヴスパ・カズシくんの歌は楽しく、めめちゃんのパンはやはり天国の音。
by モリマコさん



その次の週。
9日は大鹿村、信州で2番目に山奥の村!
僕も行きたかったなあ。楽しそう。サラもお休み。妊婦無理せず金持ち喧嘩せず。そして皆勤賞が誰もいなくなりました。ここから3日間はアーニャ(Anya Hinkle)が同行。

10日。東京武蔵小山のアゲイン。皆よりも早く着いたので商店街を端から端まで散歩。僕の生まれは目黒だそうで、この辺りも近いのかも。
石川さんや陽馬くんによくしてもらって。ライブはお店がギューギュー、ありがたいことです。
アーニャの「赤とんぼ」は泣けるなあ・・、僕もトシバウロンさんの横で聴き入る。
ヨッシーについてきた大鹿村のカメムシを高円寺の宿で発見。
by 花嫁の手紙さん


by スーマーさん
スーマーさんとは、また京都で30日にご一緒しますな。
https://www.facebook.com/takashi.yoshioka2/posts/10210149937177068

11日の昼間は、鎌倉ゴーティー。寒かったのでホットラムで温まったらいい気持ち。キャプテンのサボテンの服が印象的。アーニャはもちろん、大ちゃんの曲で始めたり、スーマー飛び入ったりも。
by ためさん

みなさん、ありがとうございました。後半戦も頑張ってまいります。

さて、本日はこれから名古屋へ!! そして週末は、大阪、京都です。

///前半戦のおみやげ///

広島の塩レモンと鎌倉小川軒のレーズンウィッチでした。お嬢様と奥様のお口に合ったよう。海軍カレーカツをボンへ。